INTERVIEW
プロジェクトリーダー
語る未来の物流へ

EDGEBOARD,エッジボード

「エッジボード」今までやってきたことは何ですか?

国内出荷・製品保管用 - APPAパレット

エッジボードにたずさわり約10年が経ちます。
角当て保護材としての用途は当然のこと、
エッジボードを使用したTPS(トータルパッケージングソリューション)の 部材としてのご提案を続けてきました。 特注サイズなどのお問い合わせにも、 内容を確認するためにお客様へ訪問しご提案をする場合もございます。
品質に対してもお客様からのご質問・ご要望に対して品質の向上、さらなる改善のため、 海外工場での現地調査についても定期的に行っております。
その甲斐もあり、おかげさまでエッジボードの高い強度と安定した品質、 サイズバリエーションの多さにご評価を頂き、
多数のお客様に安心してご使用いただいております。


「エッジボード」の担当をしていてよかったことは何ですか?



一番良かった事は、この商品を好きになれた事です。
当たり前かもしれませんが、長年にわたり担当してきたことで非常に愛着も湧き、 お客様にもっとお役に立てる使用方法を提案したいと思うことが出来ました。 紙という材質についても日々勉強する中で、品質と言うカタチでのご提案が可能になりました。 上記のことを踏まえた上でお客様からのお問合せや直接のご訪問の際、 ご要望やお困り事をお聞きし、これまでの経験を活かしてご希望にあった形で提案出来、 共に喜びあえることに非常にやりがいがあります。

「エッジボード」これからやっていくことは何ですか?



現在環境配慮の意識の高まりはさらに進み、 物流現場で主流だった木や樹脂製の素材から、品質も安定し、 リサイクル性が高い紙への切替のご要望が増えて来ております。
また梱包を簡素化(梱包物が見える)というニーズも増えてきており、 L型アングル材を使用する事で梱包物が見えるから使いたいなどの ご要望も増えてきております。

それにより、エッジボードの従来の使用方法以外にも 新たな用途としての可能性を非常に感じています。
過去いただきながら実現できていないご要望、 今後事業を展開していく中で得られるご意見を取り入れながら、 お客様によりお役に立てるようなエッジボードの新たな「カタチ」を日々開発し、 ご紹介していきます。


その他ご提案事例はこちら

お問い合わせはこちら

ご提案事例をご紹介致します。
こんなお悩みありませんか?一緒に解決させてください。

家具輸送での破損トラブルを大幅削減

<業種>
家具製造業
<お困りごと>
家具の上下に段ボールシートを使って梱包していますが、輸送中の振動で、家具の角部分へ強い衝撃が加わると家具が段ボールをシートを突き抜けて破損する場合がある。

Read more
家具の輸送時、頻繁に起きる角の破損

<業種>
家具製造・販売
<お困りごと>
テーブルの天板や箱形家具の四隅は、段ボールや発泡シートで梱包しても、よく破損して困る。特に重い家具は輸送時に強い衝撃が加わり、角が段ボールを突き抜けて破損、クレームになる。

Read more
商品へのダメージ・商品の反り・簡易包装

<業種>
建築関係
<お困りごと>
今までお客様に送る製品の角あて材として、社内の不要になった段ボール等の資材を使用していたが、ユーザー様より見た目の改善の依頼があった。

Read more
フォークリフトに荷扱い・突き刺し抑制

<業種>
繊維製造業
<お困りごと>
現在クラフトの角あてを使用しているが、貨物と同系色で見分けにくく、また商品へのフォークリフトの突き刺しなどが起こって困っていた。

Read more
板材の保護

<業種>
建築資材製造等
<お困りごと>
板状の製品を重ねて輸送する際、製品同士が擦れて傷が付いてしまう。また角がつぶれてしまう。コストを抑えながら上手に保護する方法はないか?

Read more
円筒状の傷つき防止

<業種>
鉄鋼製造業
<お困りごと>
コイルのような円柱状の製品の角を保護する梱包材を探している。結束する際のバンドの食い込みなどで傷が付く事も困っている。

Read more

EDGE BOARDEエッジボードなら様々な使い方で製品を守ります

エッジの保護
包作業の効率化
作業員の注意喚起
荷崩れ防止梱包
段積み時の補強
円筒の保護
コーナー部分の保護
異型物や棒状製品の梱包

お気軽にお問い合わせはこちら

住所

〒536-0011
大阪府大阪市城東区
放出西3丁目10番7号

電話番号

TEL.06-6969-9835
FAX.06-6969-2551

問合せフォーム

お問合わせはこちら