image
パレットの種類としては大きく分けて4つの種類があります。

使用材料により木製パレット、金属製パレット(スチール、鋼製、アルミ製)、
プラスチック製パレット及び紙製パレット(段ボール、ファイバーボード)の4種類が主流です。

詳細はこちら
代表的な4つのパレット

使用材料により木製パレット、金属製パレット(鋼製、アルミ製)、プラスチック製パレット及び紙製パレット(ファイバーボード製、段ボール製)の4種類が主流です。

木製パレット

Wooden pallets

木製パレット

現在、世界を通じて最も普遍的に使用されています。反面、年々木材不足と価格不安定の蛍光にあるので問題を残しています。利点として一般的に価格が安く、比較的積荷がすべらない、補修が簡単であることがあげられます。

金属製パレット(鋼製、アルミ製)

Metal pallets

金属製パレット,鋼製,アルミ製

強度の点、耐久性、造形の自在性などの点が優れていますが、欠点として比較的価格が高いこと、一般的に重量が重くなる点があります。また補修が容易でなく、ものによってはすべり易い点、これらを考慮する必要があります。

プラスチック製パレット

Plastic pallets

プラスチック製パレット

着色が自由で、積荷を傷めることも少なく、耐水性、衛生的という点で優れています。形も自在で軽量という長所もありますので、使い道によっては大いに利用価値があるといえます。

紙製パレット

Paper pallets

紙製パレット

段ボール等の紙製パレットがいろいろ工夫されています。強度の面では他の材質よりも劣りますが、省資源の観点から開発が進んでいます。

問題点

パレットの種類はたくさんありますが、
それぞれにデメリット部分がたくさんありお困りではありませんか?

表
上記それぞれメリットはあるが、トータル的コストを見た際に、紙製パレットの問い合わせや需要が増えてきている。
本当に最適なパレットは
「紙製パレット」と
あなたは知ってましたか?

パレットをどれを選べばいいのか分からない。紙製パレットが魅せる可能性。

APPAパレット(紙パレット)は高強度・燻蒸不要・短納期な紙パレットです。高強度部材を使用し、燻蒸処理不要で物流コストを大幅削減。更に設備の自動化で短納期と大量生産を可能にしました。通常のダンボールパレット生産ラインでは供給できない数量と納期にも対応します。

  • 重量は木パレの1/4
  • 天板は高強度のハニカムボード
  • 桁材は湿気にも強い高強度紙管を使用
  • 強度・耐久性に優れ
  • リサイクル可能
  • 海外への輸出用パレット(ワンウェイパレット)に最適
  • APPAパレットの平面静荷重は約8トン、平面動荷重は約1トン(当社測定値)
  • 小ロット対応
  • 世界共通仕様・品質
  • サイズフリー
    APPAパレットは紙製なので、お客様のご要望に合ったサイズの紙パレットをご提供
紙製パレット
様々なパレット用途のご案内

代表的なパレットの用途をご紹介いたします。

Pallet applications
お困り事があれば
もりや産業までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら