エッジボード

商品情報

エッジボード,震度7.荷崩れ,角ずれ,角当て

環境保全先進国フィンランドからやってきた、紙パルプ100%の保管・輸送用紙製L型アングル材。(角あて)


エッジボード,ご提案事例

お見積り・資料請求はこちら

大量生産・大量消費・大量廃棄の社会から、モノを捨てず、ムダなく有効に利用する「循環型社会」の形成へ。 時代は大きく、そして確実に変わりつつあります。
そんな時代の風をしっかりと受け止めて生まれたのが、環境保全の先進国で、森林資源の豊富なフィンランドからやってきた紙パルプ100%の紙製L型アングル材「エッジボード」。
完全リサイクル・安心強度・納得コストというグローバルクオリティで内容物の保護・固定・角あて・スムーズな運搬を実現し、
これから求められる梱包システムをパーフェクトな形で提案します。

エッジボード

特 長

エッジボードはいわゆる「角当て」 です。
製品の保護、荷崩れ防止を安価に実現できる紙製L型アングル材(角当て)で す。ペーパーアングル・L型アングル・ファイバーアングル・コーナーアングル・ファイバーコーナー・エッジアングル・コーナーパット・紙アングル・紙角あてなど様々な名称で呼ばれています。
製品輸送時の荷崩れ防止用途だけでなく、地震発生時の倉庫保管製品の荷崩れによる、製品に対するダメージや作業員に対する事故を最小限に抑えるための危機管理対策など様々なシーンで幅広くご利用いただいております。
  • ムダなく、完全リサイクル
    紙パルプ100%仕様。 段ボールから一般印刷用紙まで、全ての紙に再生が可能な循環型社会にふさわしい梱包資材です。
  • 積層ならではのタフな構造
    板紙を積層し、それを強力に接着・プレス成型しています。木材にも負けない強度を持ったアングル材で、バンド等と併用し、パレット上の荷物の角当てに使用することで荷崩れを防止します。
  • コスト面でも納得の手ごたえ
    資材全体の重量が軽いので長距離輸送における費用を低く抑えることができ、コストパフォーマンスに優れたアングル材です。
  • 用途に合わせたサイズ構成
    多様なサイズをプレカット仕様でラインアップしていますので、内容物の大小、軽重、用途に応じて選ぶことができます。
  • 独ReSy5815の品質規格を取得
    紙パルプ100%だけに与えられる独ReSy5815の品質規格を取得。 段ボールから製紙まで、全ての紙へのリサイクルが可能であることの証明となるものです。

信頼の証,ReSyマーク,世界でもっとも厳格,ドイツリサイクル協会,ReSy

 お見積り・資料請求はこちら

Page Top

使用事例動画



 お見積り・資料請求はこちら

Page Top

用 途

サイドの保護

サイドの保護

エッジボードの基本アイテム。梱包物のサイズに応じた自由な設計が可能です

エッジの保護

エッジの保護

破損や歪みが生じやすいエッジ部分を重点的にガードする角当てとしても利用できます。取り扱いもとても簡単です。

標準パレット梱包

標準パレット梱包

梱包物の輸送時に起こりやすい横ずれ、荷崩れ防止に最適な角当てです。地震発生時の荷崩れによる製品へのダメージや作業員への事故防止にも効果を発揮します。

バンドプロテクター

バンドプロテクター

荷物を固定するベルトやバンドが当たる部分にセットすれば、破損やへこみを防げます。



プロテクションフレーム

プロテクションフレーム

大型の重量物を固定するのに最適な梱包アイテムです。

エンドの保護

エンドの保護

梱包製品の荷崩れを防ぐだけでなく、コーナー部分を保護・補強する役目も果たします。



スタッキング強化

スタッキング強化

積み重ねに弱い段ボール箱のコーナー部に装着すれば、箱全体の強度アップにつながります。


 お見積り・資料請求はこちら

Page Top

規 格

形状 厚みT
(mm)
幅A
(mm)
幅B
(mm)
原反サイズ
(mm)
規格 2 30 30 3050
40 40 3050
50 50 2050
3050
3 30 30 3050
40 40 3050
45 45 3050
50 50 2050
3050
60 60 2050
75 75 2050
4 40 40 3050
50 50 2050
3050
60 60 3050
5 40 40 3050
50 50 3050
60 60 3050
75 75 2050
※長さL(mm)は任意、原反サイズからご希望の長さにカットいたします。
※最小カットサイズは100mmからとなります。
※ご要望の加工形態がございましたら、お問い合わせください。
※出荷ロットは500m~となっております。500m未満の場合、お断りする場合もございますので、ご了承ください。

Page Top