よくあるご質問,不明

お見積り・資料請求はこちら


Q&A

Q. 梱包システムやパレットが軽いとどんなメリットがあるのか?
A. 近年輸送業界は石油価格の変動や慢性的な人手不足などの要因から運賃の見直し・荷主への値上げ要請が相次いでいます。そんな中、梱包物の重量が従来以上に運賃に大きく影響を与えています。一方で荷物の安全性への要求はますます高まっており、従来の梱包材ではコストと安全性の両立は困難です。もりや産業のTPSAPPAパレットは紙製かつ高強度の部材を使用することにより、軽さと強さの両立を実現し、下記のようなメリットが得られます。

<航空貨物に対して>
空輸用パレットや、木箱をTPSAPPAパレットに変える事により、従来の木製梱包物と変わらない強度で、約3分の1~4分の1の軽量化を図れます。安全性を確保したまま・燃費アップ→運送コストの削減に貢献できます。

<トラック輸送に対して>
トラック輸送では積載重量が100kg増加する毎に、燃費が1.5km/ℓ悪化すると言われています。(500kg積載で市街地7km/ℓ計算の場合)従来の梱包スタイルからTPSAPPAパレットに変えることにより、荷物の総重量を削減。それにより荷物当たりの燃費が向上し、運送コストの削減に貢献できます。


Q. 現在、木製パレットの廃棄にコストがかかっているが、APPAパレットは廃棄コストはどうなりますか?
A. 木製パレットの廃棄処分費用は、現在約40円/kg(運賃経費、引取り経費込)と言われています。例えば1100×1100角で約15kgですから、1枚あたり600円ほどの処分費用が発生し、結果的にお客様に負担が生じています。特に海外ではその最終処分費用を受け取り側が逆に請求してくるケースも増えてきています。
APPAパレットはすべて紙製でリサイクル可能ですので、通常の木製パレット廃棄コストと比較して大幅なコスト削減に貢献できます。


Q. APPAパレットをフォークリフトで持ち上げた場合、爪の部分がハニカムボード(板材)に食い込みませんか?
A. 中芯部分は8セルタイプのハニカムコア(蜂の巣型)ですので、圧縮に強い形状です。


Q.パルラン(桁材)は従来の段ボール積層品と比較してどの程度強度がありますか?
A. 190㎜長さのタイプで約800kgの垂直耐荷重があります。また2時間程度の浸水試験にもクリアしています。


Q. 強度面で不安を感じる場合はカスタマイズ出来ますか?
A. 規格のパレットで強度不足を感じる場合はお客様のニーズに応じた包装設計を行っております。


お問い合わせ

TPS

よくあるご質問

TPSのメリットや部材に関するお客様のご質問は下記リンク先をご参照ください。

>>よくあるご質問

お問合せ

商品についてのお問合せ、資料請求、お見積りについては下記お問合せフォームからお問合せください。

>>お問合せフォーム